やれやーれの日記

やれやーれの育児、読んだ本等の雑記です

流産の医学~テンダーラビングケアの大切さ~

昨年4月~5月にかけて流産し、同じ季節がめぐって来てあれこれ思い出すのでした。

ずーーっと流産したこと引きずっている。仕事の異動先も地獄で拗ねた気持ちの日々。

どうにか気持ちを切り替えて前を向きたい。と思っているところで出会ったこの本。

自身も胎児の父親として何度も妻との流産を経験したライターのジョン・コーエンさんの翻訳本です。

 

15年くらい前の本だけど古いな、と思う記載はあまりなかった。

体外受精等はとんでもなく進歩しているけど流産については本が出た当時とそんなにわかっていることが変わっていないように感じる。

・妊娠の起こりや流産の原因

・流産を防ぐ手立てとして行なわれている治療の検証

・米国の流産防止薬の薬害、公害と流産の因果関係

・臨床医や流産した夫婦へのインタビュー・著者とのやり取り等

本は大変分厚く内容も多岐にわたります。

 

序盤で著者の妻が流産してしばらく経ったある日に泣いていて、理由を聞いたら「流産した子の出産予定日だった」と言われ、自分と妻の流産に対する悲しみの度合いの違いに衝撃を受ける場面があります。妻の気持ちすごくわかるな~と泣いてしまった。

私も流産した子の予定日近辺に友達が出産したことがインスタにあがってて辛かったから。

 

驚いたのは不育症治療として知られているアスピリン投与・ヘパリン注射や夫のリンパ球注射といった方法に有効性があるとはいえないという研究結果が出ていること。

私も全然着床しないし流産するから不育症なのかなとかぼやぼや考えてて、上記のような処置をすれば妊娠するんだろうかとか思っていたけどハッとしたような。

医療の現場ではそういった治療をすることで妊娠に繋がっている現実もあるようですが。

 

本書で流産後に妊娠~出産するに大切なものは「テンダーラビングケア(TLC…心のこもった医療ケア)」と書いてあります。

テンダーラビングケアの有無で流産後にまた流産する場合と出産までこぎつける場合に大きな差が出るという研究結果があるそうで。

上記のような治療をする医師からも、患者はテンダーラビングケアを受けている、とも。治療法というよりTLCで妊娠しているのかもしれませんね。

 

自分は2回流産した頃はてんで受けてなかったな。と思った。
↑前回の記事で書いたこまえクリニックの放生先生はTLCの面からも妊娠に導いていると感じています。毎日のようにメルマガやノートを更新し多くの方を励ましています。

とはいえ私は先生にしばらく慣れず、、以下ブログを読んだ時、自分が書いた記事かと思いました笑 個人的には先生の看護師さんとの接し方が気になるけどこの記事のコメント欄に寄せている方のとおり淡々とした方だと捉えればいいのかな。と考え直して引き続き通ってます。

本の終盤では自然の「中絶」が作用せず、深刻な身体の奇形を持っ胎児や生まれてすぐ亡くなった赤ちゃんの事例が載っていた。

自分の子供が五体満足で生まれたことの奇跡を感じずにはいられなかった。

流産してからずっと感じていたモヤモヤした気持ちが本の様々なエピソードや事例を通して共感したり、繰返し起こってしまった流産のインタビューに胸を痛めたり、、本を読むうちに癒されたような気がした。本からTLCを受けたのかな。

流産した方には読んでみてほしいなと思う一冊でした。

 

仕事も永らく辛かったけど気分が晴れてきて、席替えしたりで毎日接する面々が少し変わったら大分楽になった。

卑屈な気持ちで出勤するのも飽きたし小さい楽しみをみつけてとりあえず続けてる。

そのうちまた妊娠して産休育休取って子供と一緒にいる時間長くなるとよいのだけど。

まあ、気張らずに行きます。

不妊治療の不都合な真実〜こまえクリニックに通う〜

2人目の赤ちゃん。2019年の11月と2020年の4月に流産して、8月に陽性が出たもののすぐ生理が来てしまって、以来進展のない日々です。

不妊治療の本をあれこれ読む中で出会ったこの本。東京都狛江市で「不妊ルーム」を運営されている内科医 放生勲先生の御本です。
先生自体は産婦人科医ではなく、ご自身が不妊治療をされた経験から「不妊ルーム」で妊娠アドバイスをされているとのこと。

不妊治療の成功率の低さや付随するリスク、自然妊娠可能な夫婦にも高額な高度生殖医療が勧められることが多い不妊治療の現状が書かれていました。
不妊治療のメリット・デメリットといった持っていたイメージがより多面的になったように思いました。

不妊ルームを始めた経緯やそこで体外受精がうまくいかなかったがその後に自然妊娠できた方々のお話も書かれていてとても興味深かったです。
本文の端々から先生の想いみたいなのが溢れているように感じてとても良い本でした。

本を読み終わり、ふと家から狛江は近くはないけれどまあ通えなくはない距離。
「夫が平日休みの日に子供を預けて月に何度かなら行けるかも」と思い始めました。
ホームページから先生にこれまでの経緯を連絡して、通ってみることにしました。

採血をして亜鉛ビタミンD、DHEAが不足していると指摘されました。
高プロラクチン血症とも。Tちゃんの妊娠時から子宮筋腫があったのが気になってたけどそれは妊娠には影響ない部位ということもわかった。
排卵痛があるからこれまで基礎体温測ってなかったのも毎朝測るようになりました。
1ヶ月分測って、先生に見せたところ漢方薬が処方されるようになりました。

漢方薬を飲み始めて、メンタルが安定してきた気がする。
あまり焦ったりイライラしなくなったような。
いつもお尻が冷えて冷たいんだけどそれもましになってきた。
朝、トイレ行きたい感じが落ち着いてきた。
うまくいくといいなあと思いつつ過ごしてます。

読んだ本は楽天roomにも載せています↓

https://room.rakuten.co.jp/yareya-re/items

不妊治療を考えたら読む本 科学でわかる「妊娠への近道」〜まずは勉強する〜

その昔に先輩から不妊治療で500万位お金がかかったという話を聞き、我が家は金銭的な理由から不妊治療はできないなとずっと思っていた。

Twitterで専門用語を見かけることもあったけど、知識としては海堂尊ジーン・ワルツで触れた程度。


が、その後も生理が続き、職場に不妊治療の末に出産された方がいることも知ったところで出会ったこの本。

産婦人科医の浅田義正さんと出産ジャーナリストの河合蘭さんの共著です。


不妊治療で行なわれる検査の目的や内容、各種治療方法の詳細の紹介等網羅されており、専門用語の意味や不妊治療の流れが理解できた。

浅田先生のクリニックでは大体このくらいといった費用の記載もあり、これから不妊治療しようと考えている方の助けになる本だと思った。

医療の現場から見た、懸念事項も興味深かった。不妊治療の法整備の遅れは少子化対策してるおじさん達が読んで勉強していただきたい。

多胎妊娠はあまり考えたことがなかったけど急に2.3人同時に育てる事態、、と思うと深刻さがよくわかった。


読み進める中で卵子の老化については今なお克服できず、日本では妊娠できない不妊治療が大量に行われている。。といった記載が悲しかった。


そうかと思えば芸能人は高齢での妊娠報告をたくさん目にするし。

エネルギッシュな方はエイジレスなのだなあと驚くばかり。


本を読んだ後も自分はどうしようかなと思っているけど、この前産まれたばかりの妹の子供に会いに行ったらとってもとってもかわいくて。

それが答えなんだろうなあ。。


読んだ本は楽天roomにも載せています↓

https://room.rakuten.co.jp/yareya-re/items

誰も教えてくれなかった卵子の話 〜流産の雑感〜

Twitterに少し書いたけど、生理予定日から3日くらい遅れてて気持ちも悪くなってきた時にほんの少し出血した。

生理が来たのかな、と思ったけどドラッグストアに入って妊娠検査薬を買ってきてしまった。

初めてフライング検査した。

家に帰ってトイレで検査したら幻のように見えるけどうっすら線が出た。

でも、同時に出血も増えてきて、きっと生理になるのだろうな、と思った。


これは化学流産というものなんだろうけど、一応妊娠したものの、発育の程度がこの1年で低下し続けていると思った。

もう妊娠できないのかな、と落ち込んでいる時に図書館で見つけたこの本。

産婦人科医であられる杉本公平さんと鴨下桂子さんの共著です。


卵子の老化についてまるまる一冊。

元気な卵子と老化した卵子の写真や先生達がよく接する質問に対するQAなどがたくさん載っている。

例えば「生理がある限り産めるのですよね?」といった無知に対するものや卵子の冷凍保存や不妊治療や障害を持った子供が生まれる確率とか精子のこともわかりやすい例えでいろんなことに触れられてます。


前書きに4年間不妊治療して2回流産し、44歳で妊娠を断念した方の言葉が載っている。

「こんなにも妊娠することが難しいなんて知りませんでした。」


多分、この本が出た当時くらいに載ってる大半の内容は知識として持っていた。

私は20代の頃に卵巣嚢腫があって、手術したから自分が妊娠できるかどうかずっと心配だった。

当時彼氏だった今の夫は10年以上付き合って手術の時も側にいてくれた。


早く子供が欲しいから結婚したいと何回伝えただろう。

結婚してからも「すぐに子供はいらない」と言われ、やっと子作りを始めたのは4年後。

8ヶ月くらいかかって妊娠したものの、妊娠高血圧と妊娠糖尿病と橋本病と子宮筋腫の変性と切迫早産になった挙句35週で帝王切開して1800gの子供を産むことになった。


結婚してほしいと訴え続けていた最中に、その時の職場のママさんが自分の子供は2人いて下の子はダウン症だと教えてくれた。

38歳で出産して、、かわいいけど大変だから子供は早い方がいいよ。と言われた。

私は子供は2人欲しかったから下の子は38歳になる前に産もうと漠然と思った。


でも流産を繰り返してて、もう間に合わない。夫にもっと早く結婚や子作りを始めたかった。私はずっと繰り返し何回も言ったんだと伝えた。

夫は今言われても何もできない。分けて考えろみたいなことを言ってきた。

ずっと訴え続けてきたことを黙殺したのは夫で、それにより出産が遅くなって地獄をみているのは私自身なのに全く気持ちが届いていない。

ただ、すまなかったと言ってほしいだけなのに。


流産した時に2人、「流産したこととがないから気持ちがわからない」と言われた。

この前「不妊の人の気持ちがわからない」と言うのも聞いた。

そりゃ経験しないと実際の苦しみはわからないだろうけど、想像してみるだけでも、少しでもスマホで調べてみるだけでも口にしてはいけないとわかる言葉ではないだろうかと思うんだけど。


少子化の今、全ての女性でも足りない。男性にもこの本読んでほしい。

私はこれから夫に読ませる予定です。

誰も教えてくれなかった卵子の話

誰も教えてくれなかった卵子の話

立て板に泥水

ネット論客108星の一人、深爪さんのコラム本です。

私の爪が深爪なため、初めてお名前を拝見した時、とても親近感を感じました。

この本は雑誌で連載されていたコラムを集めたものです。

3ページごとに話題が変わって楽しいです。


まえがきに「読んでる間は面白いけど読み終わったら何も残らない。そんなものを目指している。」と書かれてて確かに読後感そんな感じだなと思いました。

が、そんな中、この本にはハッとするような真理情報が書かれています。


・子供は親の言うことは聞かないが、することは真似る

・人は損をしたくない生き物

・結婚相手は本能で選べ

私が特にそうだな、と頷いたのは上の3つです。これらは深爪さんの身近な方や時事ネタから感じとられた事例なのですが、育児や生き方にも応用できるなあと思いました。


いろんなドラマのあらすじや見所が紹介されてる回も多く、同じ番組をみてたらめっちゃ楽しいだろうなあ、みてない私でも面白いしむしろ深爪さんの紹介だけで充分な気すらする。


下ネタも多いのですが、めっちゃ面白い感じで表現されてて私は好きです。

読んでる間は面白いけど読み終わったら加齢もあってか結構内容が蒸発してて、読み返してまた楽しむ、みたいなのを繰り返しています。

他の御本も面白いのでぜひ!!


立て板に泥水

立て板に泥水

  • 作者:深爪
  • 発売日: 2019/12/26
  • メディア: 単行本

株は夢を叶える道具

株をやってるグラビアアイドル、杉原杏璃さんの株式投資入門書です。

女性の方が株取引に向いてる!と、株式投資を始めたきっかけや取引方法の紹介、失敗談やご自分の好きな銘柄などが載っています。


私はこれを読んで株式投資を始めました。

同時期に妹がやってるのも知り、ハードルがグッと下がったのもあり。

長期保有で配当と優待メインでやってます。

コロナの時はスーパー値下がりして驚いたけど、、まあ無理のない範囲でやってます。


最近久々に読み返して、よくわからなかった専門用語もわかるようになってました笑

銘柄の選び方とかご自身の経験談とか、とても面白いし投資の参考になります。

お金がネックで人生に閉塞感を感じてる方に、よいきっかけになる本だと思います。


株は夢をかなえる道具 女子のための株式投資入門 (単行本)

株は夢をかなえる道具 女子のための株式投資入門 (単行本)

  • 作者:杉原杏璃
  • 発売日: 2019/06/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

1%の努力

2ちゃんねるニコニコ動画で有名なひろゆきさんの自己啓発本です。

ちょっと立読みしたら前書きと序盤のあれこれの話がすごく面白かった。

前書きに財布とスマホを家に置いて1週間後に衣服や身体がキレイなまま帰ってこれるか。みたいな質問が書かれてた。

この質問の時点で読み手の範囲に育児中の母親は含まれてないように感じたけどまあいいやと読み進めた。


いろいろ自分にはない考え方が書かれいて面白かったです。

ピザの配達のバイトで1時間かかるところを30分で終わらせて残り30分は友達の家に寄ってゲームするとか。

仕事中に1つの仕事が早く終わるように工夫はしてたけど余った時間サボる発想がなかった。

両親もとんでもなく社畜で働き方は真面目だったしな。


ひろゆきさんの生い立ちを読んで気になったのは、自分の家庭は公務員で専用の社宅に住んでいたというところ。

貧困が当たり前の環境に身を置いていたようだけど、そういう環境から一歩引いて見れるようなゆとりがあったんじゃないかなと思った。

この「自分の身は保障されたところから面白がって俯瞰してるようなスタンス」が生い立ちから今に亘って一貫しているように感じられました。

ひろゆきさんの飄々とした雰囲気を感じさせる本質のような。。まああまりよく知らないのですが。


最近余暇というか時間があって動けることが何より大事みたいなのをよく目にするし、この本もそれが一番言いたいって書いてあるし、実際そうなんだろうな。

仕事と家事で手一杯な日々で文も絵も上手いわけでもなく、少し時間が取れた時に細々ブログやイラストを続けてるだけで。

そんな中に一石投じてくれたような気がした本でした。


1%の努力

1%の努力